.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
.29 2010

MPVolumeViewってスライダーですよね?

Tasakiです。

最近技術系の話があまりできてませんし、今回は少しだけ触れてみたいと思います。
といっても"そんなことかい"って話かもしれないのですが。

なにかとバージョンアップの影響を受けまくるMediaPlayerフレームワークですが、その中にアプリケーションの音量を調節するためのコントロールが用意されています。
それが今回登場するMPVolumeViewです。

見た目はちょっとクールな感じのスライダーで(これをUISliderにしてもよかったような気がしますが…)、使い方はサイズを決めて、初期化して、ただ画面上に配置するだけというとっても簡単なやつだったはずなんですが…

実際置いてみると、なぜか「利用できるボリュームがありません」とかいう謎のラベルに早変わり…
オーディオセッションの設定がおかしいのか、いろいろ試してみたけど変化はなく…
ネットで探してもよく分からなかったので、途方に暮れていたんですが、ふと思い立って実機のサイレントモードを解除してみたら、あら不思議、ばっちりスライダーに切り替わってくれました。

もう少し分かりやすい表現にしてくれよ、というお話でした。



スポンサーサイト
.16 2010

iOS4.2ベータが公開

Tasakiです。

最近やっと涼しくなりましたね。
徐々にではなく一気に来るので、体調管理には気をつけましょう。

さて、今朝方ですがiOS4.2+SDKのベータ版がついに公開となりました。
ユーザー視点での特徴としては、
・iPadのバージョンアップ
・AirPrint
というのが大きな点ですね。
iPadユーザにはお待ちかねですが、iPhone/touchユーザはそれほど嬉しくはないかもしれません。

APIの変更点は、大きく
・iPadとiPhone/iPod touchの共通化
・プリント機能
・MIDIフレームワーク
といったところになります。
開発者視点では、やはりiPadが同じ土俵に上がってくれることで開発難度が若干下がる点が嬉しいところです。
ただ例によってメディア系のAPIは変更がありそうなので、ちょっと注意しておく必要がありそうですね。

去年はOSアップデートがあまりなかったので余計かもしれませんが、今年は慌ただしすぎです。
iOSで何ができるのか、絶えず抑えていく必要がありますね。

それにしても、SDKのHDD占有量が9G超て…マルチインストールするにはだんだんと厳しくなってきましたよ。



.10 2010

AppStore審査基準公開!

はい、どうもこんばんわ。
hayateです。

皆さんもうご存知かと思いますが、、、

当ブログのデザインを一新しました!

iPod nanoやiPod shuffleには負けてられないぞ!
ということでね。
やっておるわけです。

話は変わりますが、
App Storeのリジェクト基準が公開されましたね。

アップルが iOS 開発者規約を変更、開発ツール制限を緩和。審査ガイドラインも公開

これまでは、その基準が曖昧だとか、不透明だとかで批判されていた審査基準ですが
明確な箇条書きでその基準が公開されたわけです。

リジェクトの恐怖にただ怯えるだけだったiOS App Developerも
この基準が開示されたことで、事前にチェックしてスムーズな申請が可能になったわけです。
ありがたいことです。

さ、ら、に、
英語で書かれたこのドキュメントを
なんとfladdictさんが速攻で意訳して下さっています!
iPhoneアプリ審査での111の禁止項目(意訳)

誠にありがたいことです。

今から熟読させて頂きます!

では、また来週。
.08 2010

iOS4.1いよいよ登場か

Tasakiです。
台風のおかげか、やっと涼しくなりましたね。
不謹慎ではありますが、普段厄介者でしかない彼に対して今回ばかりは来訪を感謝したいところです。

さて、iOS4.1公開がいよいよ迫ってきました。
目玉機能GameCenterが果たしてどのようになるのか、開発者としても一般ユーザーとしても楽しみなところです。
ゲーム以外にもいろいろな可能性が開けそうな機能ですし、うまくサービスが成功してくれることを祈っています。

とはいうものの…個人的には、iPadと統合されるという4.2の方が気になっています。
おそらく4.1公開直後にはベータ版が登場するものと思われますので、同時に来ないかなーと期待してみたり。

まあ、4.0の追加機能もじっくり調べられていないんですけどね…
進化のスピードが緩むどころか加速しているように感じますね。

それでは、また。

.05 2010

iPhoneアプリ画面デザイン用ツール MockApp

はい、どうもこんばんわ。
hayateです。

登場。新しい
iPod touch

というわけでですね。
予想通りのモノがでてきました。
デュアルカメラ、Retinaディスプレイ、ジャイロ、iOS4対応、内蔵マイク
いいじゃないですか、これでtouchでもARが・・・

あっ!

コンパス付いてねぇ!

どっち向いてっかわかんねぇじゃん!OTZ
いや、贅沢言っちゃいかんですよ。ジャイロで我慢。

話は変わりますが、
みなさんiPhoneアプリの画面デザインってどうしてますか?
私は、紙にアバウトなレイアウトを書いたり、コーディングでは使わないIBをデザイン時のみ使ったりしてました。
他になんかいい方法ないかなぁと探してみたところ、MockAppなるものを発見しました。

MockApp
MockAppは、Keynote、PowerPointでiPhoneアプリ画面デザインをするためのテンプレート集です。
ステータスバーから、UIKitの部品、キーボード、ボタン用画像、ジェスチャー表現の図まで
非常に沢山のオブジェクトがテンプレートとして用意されています。
これらを使ってアイデア(画面イメージ)をすばやく具現化できるツールというわけです。
もちろん、そのままプレゼンや画面イメージの説明にも使えるし、PDF化すればMockAppとしても利用可。
すばらしい。

こんなすばらしいものがフリーか!
と思ったら、フリーウェアではなく、ツイートウェアらしいです。
つまり何かというと、
 ・MockAppについてつぶやいて下さい。
 ・FacebookやブログやらにMockAppのリンクを貼って下さい。
 ・TwitterもFacebookもブログもやってないならiPhoneもってる友人3人にメールで紹介して下さい。
ってことらしい。

というわけで、ブログに投稿してみた次第です。

ではまた来週。
.01 2010

PictureLabelerアップデートしました

ご無沙汰しております。Tasakiです。

当ブログもメンバが増えたので、
さぼりがちになっちゃいます。
こんなことではイカンですね。

今回はお知らせです。
先週ですが、弊社アプリPictureLabeler 1.0.3がAppStoreにて公開となりました。
変更点としまして、ささいなことではありますが、

・iOS4対応
・iPhone 4対応

を行いました。
1.0.2をiPhone 4でご使用された場合、取り込んだ画像が青っぽくなっていたかと思いますが、その点を改善させていただきました。

またマルチタスキングをOFFにしてアプリを再度開いたときの問題点も改善しています。
(これデフォルトでONにしない方がいいように感じるのですが…)
大変ご迷惑をお掛けいたしました。

あと、特に修正してませんが、フロントカメラも利用可能です。
ただし、最新版は諸事情により、OS3.0以降へのアップデートが必須となります。
2.2.1をご使用の方はアップデートが必要になりますので、ご注意ください。

というか、Apple社の方から2.x系のサポートはそろそろ打ち切りというアナウンスが出てましたので、2系でがんばっていらっしゃる方はご注意ください。
PC非所持で2系の場合は、PCか端末かどちらかの購入が求められるということですね。

最近ますます強気だなあ…


 HOME 

ブログ内検索

関連リンク

製品情報

最新記事

カテゴリ

プロフィール

neoxneo



NEXT-SYSTEM iOS Developers Blog


  • UTO:
    カナダ版iPhone4Sは、マナーモードでシャッター音がならない…


  • Ehara:
    ...


  • Hayate:
    ...


  • Tasaki:
    Developer登録完了...したのはいいけど


  • Ueda:
    ...



リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。