.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
.29 2011

Xcode 4 に慣れよう(6)

Tasakiです。

当ブログのKoyanagiが提唱しているデザグラマーという造語ですが、Webを見る限り、他にもお使いの方がいらっしゃるようで、自然発生的に生まれているような気配を考えると、どうやら時代の流れとしてそういったスキルが求められてきているのかなと感じます。
ITに携わる人間として、感性そして表現力を磨くことは技術を磨くこととともに大事なことになってきていると肝に銘じて、日々の生活を送っていきたいですね。

さて、今回はコードスニペット機能について見ていくことにします。
ご存知でない方のために軽く説明しますと、スニペットというのは断片という意味だそうで、ようはコードの固まり(定型文)を呼出して使うということです。

Xcode4ではこのスニペットが直感的操作で使用できます。
まず、前回の方法で、右ペイン下部のコードスニペット一覧を表示します。
Xcode4 CodeSnippetLibrary

そうしたら、リスト上部の"Code Snippet Library"を選択します。
Xcode4 CodeSnippetLibrary-DropDownList
ここで"iOS"を選ぶとiOS用のスニペットのみが表示されるようになります。

例えば、あるヘッダファイルに新しくObjective-Cのクラスを追加する場合には、"Objective-C Class Declaration"というタイトルの行をドラッグして、中央のソース編集画面上にドロップします。
そうすると、クラス宣言文がヘッダファイルに追加されます。
また、個別入力が必要な箇所には、タブキーで移動できます。
このように、最低限必要なキー入力だけでソースを記述していくことができます。
使いこなせばすごく便利な機能です。

また、標準のスニペットが気に入らない場合には、自分だけのスニペットを作成することも可能です。
そういう場合には、まずドロップダウンリストから"Code Snippet Library"を選択(プラットフォームを特定していない状態に)します。
次に、追加したいコードを選択状態にします。
Xcode4 CodeSnippetLibrary - SelectedCode
最後に選択箇所をドラッグして、スニペットリスト上にドロップします。(+アイコンが表示されている状態でドロップします。)
そうすると、"My Code Snippet"という行がリストに追加されます。
Xcode4 CodeSnippetLibrary - MyCodeSnippet

個人的には、この「コードをドラッグする」という発想は目からウロコでした。
確かに高機能エディタでは、同様の操作ができるものもありますが、それをそのままストックするというところまでは考えが及びませんでした。

さて、本筋に戻りまして、自作したスニペットについては編集が可能です。
編集したい行を選択して少し待ちます。
そうすると、以下のように吹き出しが表示されますので、"Edit"を選びます。
Xcode4 CodeSnippetLibrary - Popover

そうすると、以下のように編集画面が表示されます。
Xcode4 CodeSnippetLibrary - PopoverEdit
編集項目ですが、
  • Title : スニペットの表示名
  • Summary : 概要
  • Platform : プラットフォーム(絞り込み用)
  • Language : プログラミング言語
  • Completion Shortcut : 補完表示用ショートカット
  • Completion Scope : 補完表示用スコープ
  • 補完表示用スコープの増減ボタン
  • スニペット本文

  • となっています。

    重要なのは、Completion ShortcutとCompletion Scopeです。
    前者は、ショートカットキーを設定するものです。
    例えば、ここに"abcd"と入力した場合は、ソース上でabcdを入力したときに補完入力の候補として表示されるようになります。
    後者は、補完入力の表示条件を表すもので、トップレベル、クラス実装部、メソッド内部などの条件をOR形式で設定できます。
    これを上手に設定すれば、必要なときにスニペットを手軽に呼べるようになります。

    また、スニペットの本文について編集する場合、タブで選択可能な編集箇所を自作したい場合は<#と#>で文字列を囲みます。
    試しに<#hello-world#>を作ってみましょう。
    編集が終わったら"Done"を押します。
    Xcode4 CodeSnippetLibrary - CustomStub
    上のように白っぽい背景がついていれば成功です。

    このようにして、よく使い回す表現をスニペットとして保存していけば、コーディングはぐっと楽になるはずです。
    あ、スニペットを消したい時はリストを選択した状態でDeleteキーを押してみて下さい。

    次回は中央ペインの機能について触れる予定です。


    スポンサーサイト
    .21 2011

    UIViewControllerのviewWillAppearとviewDidAppearが呼ばれない?

    どうも、ビジネスショウに出展したツール作成により
    会社Topページに写真がのってしまっています、UTOでございます。

    新しい案件の要件調査にてハマってしまったことをメモしておきます。

    いや、基本的なことなんでしょうけど結構深みにハマってましたので
    ご紹介…

    .15 2011

    Xcode 4 に慣れよう(5)

    Tasakiです。

    梅雨まっただなかで、悪天候が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?

    今回もXcode4のチュートリアル的内容です。
    今まで、左および中央のペインについて触れてきましたが、右端を見るといくつかアイコンが並んでいます。
    Xcode4 upper right
    左から順にEditor、View、Organizer、そして下には+アイコンがあります。

    +アイコンはタブを追加するアイコンです。
    複数のソースをタブで切り替えてみることもできますが、左ペインのファイルツリーの状態(グループの開き方、フォーカス行)までもタブ毎に保持できるのが便利です。

    次にOrganizer、これは以前のバージョンからおなじみのオーガナイザを開くアイコンです。
    今までの機能と合わせていくつか追加機能があるようですが、詳しくは後日また。

    次にView、これはペインの表示に関連します。
    全部で3つありますが、プロジェクト作成時点では、左と中央の2つのアイコンだけが有効となっています。
    試しに選択解除してみると、それぞれのペインが閉じられます。
    今度は、気になる右側のアイコンを選択してみましょう。
    すると、第3のペインが右側に表示されると思います。
    このペインは様々な便利機能や情報を提供するもので、Xcode4の真骨頂の1つでしょう。

    右ペインは大きく上下2つのブロックに分かれており、上部は中央のペインで開いているファイルの情報(ファイル名、パスなど)と、クイックヘルプの表示が行われます。
    それぞれ、すぐ上のアイコンを選択して切り替えます。
    Xcode4 right upper block header

    そして、下部にはライブラリデータが一覧で表示されます。
    このライブラリデータは、左からファイルテンプレート、コードスニペット、xibオブジェクト、メディアファイルとなっています。
    Xcode4 right lower block header
    これらは、それぞれの行を適当な場所にドラッグ&ドロップすることで、プロジェクトに追加できます。

    例えばファイルテンプレートなら、左のファイルツリーペインへ持っていきましょう。
    すると、マウスフォーカスに+アイコンが出るはずです。
    そのままドロップすれば、ファイル作成ダイアログが開きます。

    これだけなら、従来のファイル追加と大差ないんですが、コードスニペットが非常に便利です。
    これについては、次回詳しく触れたいと思います。

    InterfaceBuilder愛用者にはおなじみのライブラリペインは、Xcodeに組み込まれ、xibファイル編集中にUIButtonなどを中央ペインにドラッグしてレイアウト調整ができます。というより、InterfaceBuilderのオブジェクトライブラリの使い勝手をXcode本体にミックスした、といった方がいいのかもしれませんね。

    最後に、Editorアイコングループについて。
    これは中央ペインの扱い方を決定するものです。
    次回以降で触れたいと思います。

    今回はアイコングループと右ペインの概要に触れましたが、次回からはそれらを使った便利機能の紹介をしていきます。
    というわけで、このままいくと過去最長の連載コーナーになりそうです。


    .09 2011

    勉強メモ 2

    こんばんはー
    Matsudaです。

    最近は勉強を中断中なので以前に勉強したことを書きます。


    NSUserdefaultsっていうのを使うと簡単にデータが保存できます。

    ○保存する
     NSUserDefaults* defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
     [defaults setObject:@"ここに入力したものを保存するよ!!!!" forKey:@"保存したものを呼び出す時のキー"];

     そして
     [defaults synchronize];//データを書き込む


     ・・・保存はこれだけらしいです。

     私はsetObjectとsetIntegerくらいしかまだ使っていませんが、
     ほかにも色々保存できるそうです。↓↓
     [defaults setInteger:4444 forKey:@"IntegerKey"];
     [defaults setFloat:4.444 forKey:@"DoubleKey"];
     [defaults setDouble:4.44 forKey:@"FloatKey"];
     [defaults setBool:YES forKey:@"BoolKey"];


    ○保存したデータをロードする
     NSUserDefaults *defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
     NSString *string = [defaults objectForKey:@"保存したものを呼び出すときのキー"]
    ;
     NSLog(@"保存内容→ %@", strig);


    これだけです!
    課題ですごく使っていました。
    忘れ気味なので復習しないとです。

    以上です!!!!!!!

    .07 2011

    YouTubeの動画を自動再生したい

    どうも、僕です。
    いいえ、UTOです。


    前回、YouTubeの動画をアプリ内で再生する方法を紹介しました。
    試された方はお気づきかと思いますが、NavigationControllerで動画再生するっとボタンを押して
    画面遷移してきたら、サムネイルのボタンをま~たタップしないと動画は再生されないのです。

    WebViewを開いたら自動で動画再生開始する方法はないのかなっと調べてみたらありました。

    .02 2011

    Xcode 4 に慣れよう(4)

    Tasakiです。

    いよいよWWDCが近づいてきました。
    今年は例年になく大きな発表が目白押しのようで、待ち遠しい限りです。

    さて、今回から、Xcode4のコーディングを助ける便利機能についてみてみたいと思います。
    以前のバージョンから存在していた検索と置換が4になってグラフィカルにパワーアップしました。今回はこれを取り上げます。
    xcode4リストアイコン

    上の図の虫眼鏡風のアイコンを選択してみます。
    Xcode4サーチペイン
    すると、直下にFindというラベルとその右に検索バーが表示されます。
    ここで、検索したい文字列を入力すれば、プロジェクト(ワークスペース)全体から部分一致する文字列が抽出され、リストで表示されます。

    これだけ見ると実にシンプルでいいんですが、検索オプションが見当たりませんよね。
    これを設定したい場合は、検索バー上の虫眼鏡を選択します。
    すると、次のようなリストが表示されます。
    Xcode4検索ペインとアクション
    ここで、"Show Find Options"を選択すると、検索オプションが表示されるようになります。

    では、置換をする場合はというと、左の"Find"を選択します。
    その後、表示されたリストに"Replace"という行がありますので、そちらを選びます。
    そうしたら、検索用UIの下に置換用UIが現れます。
    Xcode4置換リスト
    あとは置換対象の文字列と変換後の文字列を入力して、"Replace"なり"Replace All"なりを選ぶ訳ですが…
    何やら左に"Preview"と書かれたボタンがあります。

    これを選んでみると…
    なんと置換対象がグラフィカルに一覧できるではありませんか。
    この部分は変えたくないとか、このファイルは対象外にしたいとか、そういった細かい設定をした上での一括置換ができます。これは便利です。
    また、置換操作実行時にはプロジェクトのスナップショットを保存しておくか確認がされます。
    万が一意図しない変更があった場合に容易に元の状態に戻すことができるわけですね。これもイイ!

    ちょっと慣れるまで大変なところはありますが、一度慣れてしまえば、かなり使いやすくなっているのは間違いありません。




     HOME 

    ブログ内検索

    関連リンク

    製品情報

    最新記事

    カテゴリ

    プロフィール

    neoxneo



    NEXT-SYSTEM iOS Developers Blog


    • UTO:
      カナダ版iPhone4Sは、マナーモードでシャッター音がならない…


    • Ehara:
      ...


    • Hayate:
      ...


    • Tasaki:
      Developer登録完了...したのはいいけど


    • Ueda:
      ...



    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。