.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
.02 2011

Xcode 4 に慣れよう(4)

Tasakiです。

いよいよWWDCが近づいてきました。
今年は例年になく大きな発表が目白押しのようで、待ち遠しい限りです。

さて、今回から、Xcode4のコーディングを助ける便利機能についてみてみたいと思います。
以前のバージョンから存在していた検索と置換が4になってグラフィカルにパワーアップしました。今回はこれを取り上げます。
xcode4リストアイコン

上の図の虫眼鏡風のアイコンを選択してみます。
Xcode4サーチペイン
すると、直下にFindというラベルとその右に検索バーが表示されます。
ここで、検索したい文字列を入力すれば、プロジェクト(ワークスペース)全体から部分一致する文字列が抽出され、リストで表示されます。

これだけ見ると実にシンプルでいいんですが、検索オプションが見当たりませんよね。
これを設定したい場合は、検索バー上の虫眼鏡を選択します。
すると、次のようなリストが表示されます。
Xcode4検索ペインとアクション
ここで、"Show Find Options"を選択すると、検索オプションが表示されるようになります。

では、置換をする場合はというと、左の"Find"を選択します。
その後、表示されたリストに"Replace"という行がありますので、そちらを選びます。
そうしたら、検索用UIの下に置換用UIが現れます。
Xcode4置換リスト
あとは置換対象の文字列と変換後の文字列を入力して、"Replace"なり"Replace All"なりを選ぶ訳ですが…
何やら左に"Preview"と書かれたボタンがあります。

これを選んでみると…
なんと置換対象がグラフィカルに一覧できるではありませんか。
この部分は変えたくないとか、このファイルは対象外にしたいとか、そういった細かい設定をした上での一括置換ができます。これは便利です。
また、置換操作実行時にはプロジェクトのスナップショットを保存しておくか確認がされます。
万が一意図しない変更があった場合に容易に元の状態に戻すことができるわけですね。これもイイ!

ちょっと慣れるまで大変なところはありますが、一度慣れてしまえば、かなり使いやすくなっているのは間違いありません。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

nameless
ありがとうございました!
しかし、置換処理は非常に使用頻度が高いにも関わらずステップ数が随分必要なんですね><
2013.05.08 11:44

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://appteam.blog114.fc2.com/tb.php/188-97f3cbdb

ブログ内検索

関連リンク

製品情報

最新記事

カテゴリ

プロフィール

neoxneo



NEXT-SYSTEM iOS Developers Blog


  • UTO:
    カナダ版iPhone4Sは、マナーモードでシャッター音がならない…


  • Ehara:
    ...


  • Hayate:
    ...


  • Tasaki:
    Developer登録完了...したのはいいけど


  • Ueda:
    ...



リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。