.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
.30 2009

SDK の共存とアイコンの書き換え

Tasaki です。

ようやくアプリがリリースできたと思ったら、早速β4が公開されて息つく暇もない感じです。

以前 SDK の共存についていろいろと述べた中で、iTunes にデバイスが認識されなくなった現象についてお伝えしました。この問題が起こった要因として、どちらの SDK でプロジェクトを呼び出したのかが分かりにくいことが挙げられます。
メニューバーからいちいちバージョンを確認するのは面倒ですし、もっと一目で分かればいいと思っていた訳ですが、この解決法としてアプリの名前とアイコンを変えてしまう方法についてご紹介します。

今回の対象とするアイコンは、Xcode、シミュレータ、プロジェクトファイルの3つです。
このうち、Xcode とプロジェクトファイルのアイコンについては、Xcode のアプリケーションバンドル内に画像ファイルが定義されています。
Xcode のアプリケーションバンドルは以下にあります。
<SDKのインストールディレクトリ>/Applications
このバンドルのコンテキストメニューから“パッケージの内容を表示”を選択します。その後、Contents/Resources とたどると、appicon.icns と docicon.icns というファイルが見つかります。
これらのファイルを置き換えればいいわけです。

icns ファイルは複数のサイズの画像から構成されていますが、512×512の画像を用意し、それをIcon Composerから読み込んでエクスポートするのが簡単です。

僕の場合は、元のアイコン上にラベルを貼って区別しようと考えた訳ですが、このとき icnsファイルをそのまま Gimp にインポートしようとすると、なぜか1辺128ピクセル以上の画像が読み込まれませんでした。
そこで、Icon Composerから一旦tifに改名してイクスポートし、それをColor Sync ユーティリティで開きます。その後、1ページ目の画像つまり、1辺512ピクセルの画像をtifファイルとしてエクスポートします。
これを Gimp にインポートして画像を編集し、完成したらtifとしてエクスポートします。
もう一度Icon Composerに完成した画像をインポートし、全てのサイズに縮小コピーします。これをicnsファイルとして保存します。
最後に元のicnsファイルと置き換えて、作業完了です。

この操作をプロジェクトファイルのアイコンに対して行うと、基本的に既存のプロジェクトのアイコンは全て更新されます。ただし、Finder 上でコピーしたプロジェクトなどには、この変更が適用されません。
そのような場合は、ファイルのアイコンを直接置き換える方法を取ります。
これにつきましては、こちらを参考にさせていただきました。

シミュレータのアイコンについても同様の操作を行います。
シミュレータのバンドルは以下にあります。
<SDKのインストールディレクトリ>/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications
アイコンファイルは、Contents/Resources/simulator.icnsです。

これをDockに置いてみました。
dock.png

…Instrumentsがそのままなのはご愛嬌ということで。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://appteam.blog114.fc2.com/tb.php/46-72788443

ブログ内検索

関連リンク

製品情報

最新記事

カテゴリ

プロフィール

neoxneo



NEXT-SYSTEM iOS Developers Blog


  • UTO:
    カナダ版iPhone4Sは、マナーモードでシャッター音がならない…


  • Ehara:
    ...


  • Hayate:
    ...


  • Tasaki:
    Developer登録完了...したのはいいけど


  • Ueda:
    ...



リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。