.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
.02 2009

アプリケーションロック時の注意点

Tasaki です。

梅雨の前に真夏日が来るって何の冗談ですか、といった感じの一日で大変参ってしまいますが、今日もがんばっていきましょう!

前回でネットワークプログラミング入門編はおしまいということで、今回はスリープ時のアプリの動作に関する話です。

iPhone OS では、バッテリ対策としてユーザによるタッチ操作が一定時間行われなかった場合や、スリープボタンが押された場合に画面を消しロック状態に入りますが、このときアプリケーション自体は停止していません。
ただ、イベントの伝達が行われなくなるために、以下のような制御を行うことはできません。
・タッチイベント
・加速度センサーからの情報の取得
・位置情報の取得
・タイマイベント
Apple のサンプルコードでは、アプリケーションデリゲートの application:didResignActive: メソッド内でフレームレートを落とすための処理が行われていたりしますが、実際のところ、アプリケーションがロックされた状態ではタイマ自体が停止しているようなので意味の無いように思います。
タイマはロックが解除され次第、再びセットされます。
もう1点、デバッガ起動中は画面表示を消してもイベントが伝達されるため、デバッグ中ではこれを確かめることができません。(これにだまされました。画面消えててもちゃんと動いてる!って)

ということで、ロック中はアプリケーションは休止状態にある、と考えた方がよさそうです。一応自動スリープタイマを切ることは可能ですが、スリープボタンを押した場合には対処できません。
常駐タスクを実装する場合は特にご注意ください。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://appteam.blog114.fc2.com/tb.php/65-46146c28

ブログ内検索

関連リンク

製品情報

最新記事

カテゴリ

プロフィール

neoxneo



NEXT-SYSTEM iOS Developers Blog


  • UTO:
    カナダ版iPhone4Sは、マナーモードでシャッター音がならない…


  • Ehara:
    ...


  • Hayate:
    ...


  • Tasaki:
    Developer登録完了...したのはいいけど


  • Ueda:
    ...



リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。