.-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
.10 2009

UIGraphics系関数の使い方

Tasaki です。

今回は、久しぶりにグラフィック関連のテーマを採り上げます。
個人的には、グラフィック系に興味があるので本当はこのカテゴリのテーマを増やしていきたいとは思っているんですが。(人気のあるカテゴリだと思うので、もっと詳しい方が書かれたものがいっぱいありそうですけど。)

UIKit の描画系メソッドは、現在のグラフィックコンテキストに対して実行されます。
これでは、任意のグラフィックコンテキストへの描画はできないように思えますが、次のように記述することで、それが可能となります。
- ( void ) drawContext:( CGContextRef ) context {
CGFloat width = CGBitmapContextGetWidth( context );
CGFloat height = CGBitmapContextGetHeight( context );
UIGraphicsBeginImageContext( CGSizeMake( width, height ));
UIGraphicsPushContext( context );
// この間で描画メソッドの呼び出し
UIGraphicsPopContext();
UIGraphicsEndImageContext();
}

このとき、context には任意のビットマップコンテキストを渡すことを想定しています。
また、画面サイズより大きくても問題ありませんので、大きな画像の作成に UIKit の描画メソッドを使用することができるようになります。
ということで、NSString の UIKit 拡張メソッドもいけます。
まだ、お試しでない方はぜひ一度どうぞ。


昨日も書きましたが、iPhone 3G S では OpenGL ES 2.0 に対応するということなので、表現の幅も広がりますし、こっちの方の勉強もしていきたいですね。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://appteam.blog114.fc2.com/tb.php/74-d2c2ddb9

ブログ内検索

関連リンク

製品情報

最新記事

カテゴリ

プロフィール

neoxneo



NEXT-SYSTEM iOS Developers Blog


  • UTO:
    カナダ版iPhone4Sは、マナーモードでシャッター音がならない…


  • Ehara:
    ...


  • Hayate:
    ...


  • Tasaki:
    Developer登録完了...したのはいいけど


  • Ueda:
    ...



リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。